FC2ブログ
2016.09.19 月見泥棒
私たちの地域では、十五夜の日に月見泥棒というものが
あります。 ネットで調べてみると

お月見どろぼうとは各地で行われている子供たちのお月見イベントのひとつです。

中秋の名月(十五夜)に飾られているお月見のお供え物を、
この日に限って盗んでいいというもの。

昔、子供たちは月からの使者と考えられており、
この日に限り盗むことが許されていたと言われています

まあ日本版ハロウィンみたいなものかな?

私が子供の頃は、各家の玄関先に縁台があってススキを飾り里芋の煮物
ハイカラな家は三色ダンゴがお供えしてありました。

同じ在所の子供たちで各家を回ったったものです。

嫁も奈良の吉野の山奥ですが、同じようにあったようです。

息子たちも子供の時に、何グループかに分かれて各家庭を周り最後にみんなで
平等に分けていたみたいです。(このころは各家庭お菓子がお供えですが)

今年の月見泥棒は、15日でしたが嫁にお菓子お供えせんでいいのか?
と聞くと18日みたいよ回覧板回っていたと?

何イイイイイイイ  十五夜にするから月見泥棒やろーーー

15日は曇っていましたが、綺麗なお月さんが出てたのに18日は雨でした。
当日20時からだそうですが、中々来ません

私が庭に出た時に、子供たちのお母さんらしき人が家に入ってきそうでした
が、手には買い物袋を持っておりお菓子が?

家の裏で子供の声がしたので、嫁が声をかけ家にもお供えあるよーーっと

最近はお母さんの方が付き添っているみたいで、最後にみんなに分けている
ようです。

私の想像ですが、18日日曜日にしたのは平日は塾に行っている子が多いから
かな? 親が付き添っているのは、最近は物騒だからかなーー?

子供たちだけでやるイベントなのに時代かなーーー?

なんか納得できないなーーー


スポンサーサイト